忍者ブログ
稲毛海岸のダイヤモンド富士の情報
10年以上前に型落ち品を息子からもらって使っていました。
OSがパソコンはどんどん変わりますが、ソフトとは関係ない所の
不良はどうなんでしょう?人命に関わりの無い所の不良ですから、
無償の褒章期間が切れたら、メーカーとしてはわれかんせづでしょうか?
無償の保障期間内に何件か修理に上がっているでしょう?


しばらく便利に使っていましたが、突然何の前触れも無く信号が消えました。
デスクトップ有ったので、本体内のトラブルだろうとほーって置きました。
終活で処分しようと思ったのですが、最後に原因をと思い蓋を開けました。
ACをテーブルタップに繋ぎ、コードを本体に差込、コードをくねくねして、
電源を入れるとなん電源のランプが付きました。これはこの辺の線が切れて
いるのだなと思い、それならばくねくねした辺りで線を切れば、切れた線が
引っ張り出せるだろうと思い、作業開始です。切っては繋ぎを繰り返し、
1mもやった所で、外の線と芯線がショートしました。
此処でやっと線が切れていないことを知りました。{どうしたもんじゃろな}
ととねえちゃんのクライマックス鍍金したビスによる発火のシーンまでは
行かなくても、ACケーブルの外皮をむきシールド線を切ったところで、
此処で線が切れていましたと、なれば何か良い言葉も出てきたのでしようが、
何も出てきません。結局原因はインジョクション内部の結線のようです。
この部分を力ませに、くねくねした線が繋がりました。
電機メーカーは良いですよね。保障期間が過ぎれば我関せずで。
自動車メーカーは、何年たっても事故の責任の追及されますから。


ノートパソコンの断線調査
9月のホームページ一覧
年賀状手作り
カレンダー手作り
ホームページ作成応援
写真の加工応援
PR
照明器具を蛍光灯ペンダントして可也たち、
蛍光灯管の取替え時期に来ていませんか?今の時期消費税UPも有り、
器具の交換をLEDペンダントにするのも良いでしょう。でも蛍光灯器具の処分は?

;

前回スイッチの取り付けで迷って、中途半端なLED化をしました。
今回はすっぱりと綺麗にLED化をしました。スイッチも付けたし、電球の増灯も可能です。



配線をこんなにスッキリ出来ました。レセプタルを送りつきにしました。
LEDは下への光量が多いので周りの紐が気になりません。真ん中の紐発熱量が心配です。

蛍光灯ペンダントのLED化
アマゾンから電工部品
里山自作道具蔵
お塩と調味料
里山カメラ蔵
私の写真販売:里山フォッター
ダイヤモンド富士がもうすぐです。夕日の沈む位置と富士山の位置が知りたくて、
夕方自転車を走らせます。一昨日と其の前の日自転車を走らせました。
残念ながら雲が有って位置関係の写真は撮れません。帰りに自転車の異変です。
その日はバルブのゴムを交換して、空気を入れました。昨日起きて確認すると残念。



この前パンクの修理をしたのは12年の2月のようです。パッチと糊が残っています。
早速チューブを出して、空気を入れたチュウブを水を入れたバケツに入れて、
穴の位置の確認です。大きく泡を出す後ろに小さい泡も見られます。大きいほうの
パッチ1枚でりょう穴が防げるなと鑢でチューブの表面を荒らし始めて、
小さい泡の所に何か刺さっています。サボテンのトゲのようです。それを抜くと、
チューブの空気は一気に抜けました。大きい泡の所より大きな穴です。
2年前のゴム糊もパッチも使えパンク修理終了です。もう一度チューブに空気を入れ。
バケツの水に入れ、修理の確認をしました。ぬれたチューブを拭いているとき、
ごみで詰まった穴を綺麗にしたためか、又泡の出ている場所を発見しました、



今回のパンク修理は結局2箇所修理です。それにしてもゴム糊が2年も持った物です。
全快はそれほど驚きませんでしたが、パッチのすごいこと張った後がものすごく綺麗です。
昔チューブを切って貼っていた時を思い出すと雲泥の差です。1年使わないものは。
処分しなさいと教える昨今の片付け名人はなんと教えるでしょう?

今回のパンク修理
前回のパンク修理
パンク修理の材料
パンク修理の工具
アマゾンの自転車関連商品
デル株式会社
写真カタログ
自然観察PHOTO
掲載写真リンク
自然観察PHOTO
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
良くいらしゃいました
お待ちしてました
また来てね
プロフィール
HN:
what64
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
連絡ホーム
待ってるよ
返事は直ぐ
HOME

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]